カテゴリー別アーカイブ: 全体的なこと

鍼は痛い?

「鍼は痛いですか?」

「お灸って熱いです?」

よく聞かれる質問です。

最初の内は 鍼してて 患者さんが痛い痛いと言っていたら 「大丈夫ですか、ちょっと刺激弱くしましょうか?」などと なだめていました。

しかし 今は 治すことに真剣で そんなことにいちいち真面目に反応しなくなりました。

とがったもの刺すんだから 基本 鍼は痛くて当たり前

肌に熱刺激をあたえるんだから 基本 お灸も熱くて当たり前

ただ 鍼も 刺入するとき できるだけストレートに入るように 鍼を入れるための筒の径をかなり細くしています。 それはとても面倒で技が必要なことだけど それをすることで 刺入時の チクっとした痛みが出る確率をかなり低くできます。それプラス 自分の手技が楽になる鍼の太さではなく 刺入する部位の深さや 敏感度(足の裏とかはかなり痛いので)、その人のその時の体調を考慮し、さまざまな太さと長さから 妥当な鍼を選んで治療しています。(鍼の長さと太さがそれぞれ違う 15種類の鍼を常備しています)

大体 患者さんが痛い痛いと言っているのは 響きと言う 鍼独特の感覚で それは逆に 良い場所に当たっている証拠。私は 患者さんが我慢できそうなら 手をゆるめません。

お灸も ある程度熱くないと 効き目はありません。

痛くない鍼 熱くないお灸・・・・ 患者さんをなだめるような言葉は使いません。

治りたくて来ている患者さんなら 解ると思います。

痛くても良くなれば患者さんは治療に更に積極的になってくれます。

鍼は基本 痛いものだと思っててください。

痛くない鍼を打って その時は良かったんだけど すぐまた元に戻った・・・ と言われるより 「鍼はちょっと痛いけど 効くし 体調良くなっていくよ」と言われる治療を心掛けています。

それに響きをすべて痛いと感じる人ばかりじゃありません。

鍼の響きを 「えっ!? これくらいなら大丈夫」という人が5割、「痛いけど 時に気持ちいい」という人が3割、「とにかく痛い 苦手」と言う人が1割、「気持ちいい」「くせになる」という人が1割っていう割合です。

お灸も最初は熱い熱いと言っていた患者さんが 「最後のあのツーンとくる熱さがいいわぁ」と 笑って報告してくれる場面も多々あります。

治療はちょっと痛い ちょっと熱いけど 我慢してください。

こちらは薬も 特殊機械もない ただ鍼とお灸だけで 患者さんの痛みを取ろうと必死で治療しています。

患者さんが 痛い思い 熱い思いをした分は 副作用なく 自然治癒力を上げて 治る方向へと動いていきます。。。

ボキャブラリー

患者さんの様々な痛み、訴え・・・・

ただ肩が痛い 腰が痛いと言われても どう痛いのか? 右左どっちが痛いとか いろいろ こちらから聞くことがたくさんあるのですが・・・・

私の鍼治療に慣れてくれている患者さんは オリジナリティー豊かな表現で 痛みや不定愁訴を訴えてくれます。

それがボキャブラリー豊かで ホント 面白いんです!

まずは 肩甲骨の内側が痛む患者さんの場合
「上に向いて寝たらキューーーッと引っ張られるような感じ・・・」(普通レベルで 良くわかります。。。)

頭痛に悩まされてる患者さんは
「脳天にツーン!と突き抜けるような痛み」(ワサビが効いてそうな感じで面白いです。ちなみにこの方は頭部瘀血治療で良くなりました)

イライラが溜まって 首から上に違和感が溜まってきている患者さんは
「頭がポンっってなるような感じ」(大ウケしました

ボキャブラリー豊かに 痛みの表現をしてもらえると 診断材料になって とても役に立ちます。

私のカルテには 患者さんの言った言葉をそのまま記録して あとで考察材料にしています。

ただ「痛い!」っていう患者さんと比べて どれだけありがたいか・・・

というわけで 治療部屋の中は 私の笑い声と患者さんの笑い声で 結構盛り上がってる時間があります

筋肉に刺すの?

では 筋肉を緩めるために 筋肉に鍼を入れずに どうして腱に鍼を入れるのでしょう?

筋肉をゆるめようとして 筋肉にグサグサ鍼を入れても 筋肉はゆるみません。

筋肉の張力をセンサーしているのが 骨に近い部分の腱なんです。

なので腱付近に鍼を入れると 効率よく筋肉は緩みます。

また 筋肉は腕や足など ほとんど層状に複数の筋肉が重なって存在します。

そして筋肉疲労すると 重なり合っている部分の動きが出なくなって 結果的に触ってみると硬く感じたりします。

鍼はその筋肉と筋肉の重なり合っている隙間を狙って入れます。そうすることで筋肉同士の間に動きが復活して 結果的に 張りが取れて柔らかくなるのです。

しかしいきなり疲れた筋肉の隙間に鍼を入れても 腱付近に鍼を入れても スカッと元の筋肉の長さや位置には戻りません。 じっくり遠赤(赤外線治療器)を当てたり お灸をしたりと 下ごしらえしてから 元の筋肉の位置に戻る段階の治療に入ります。

骨が痛い?

よく「骨が痛い」と言う患者さんがいます。

骨が痛いというより 骨膜(骨を覆っている膜)が痛いというのが正しい言い方で、骨膜が引っ張られて痛みを感じることが多いです。

骨膜は筋肉から腱に移行した部分がくっついています。筋肉がいきなり骨にくっついたりしません。

鍼を入れる部分はこの腱付近に入れることが多いです。

骨の位置を正しくすれば調子が良いから整体に行って整えてもらったとか言う患者さんがいますが すぐに元に戻る場合が多いのは 骨と骨をつなぐ筋肉を緩めていないからです。

「骨がおかしい」「骨が痛い」というのは よほどの重篤な疾患です。

まずは骨と骨をつなげている硬くなった筋肉を鍼とお灸でじっくりと緩めてあげるのが 鍼灸治療の一つのやり方です。

ですがこういったやり方は私が行っている鍼灸治療ではほんの一部分です。

ほかの目的で治療しているやり方が多々ありますが それは追って 綴っていこうと思っています。