カッパ灸(中條流陶器灸)

2か月前に 常連患者さんから このカッパ皿をプレゼントしていただきました。

DSCF5618DSCF5617高台をつけて その中にもぐさをのっけても落ちない形。

陶芸している友人に頼んで作っていただいたそうで、これを見て

「私も 重い腰上げて 私が描く 理想のカッパ皿を作ろう!」 そう思いました。

カッパ灸を編み出して半年・・・
もうカッパ灸するの飽きた人も中にはいますが、
カッパ灸の人気は根強く
何より 私が 治療で患者さんによく使用します。

特に最近は うつぶせになって首根っこに置いておくのがマイブームで 5分くらい置いておいた後に 鍼を入れると驚くくらい 後頭部の凝り固まった筋膜が元の位置に戻ります。

私自身は 自宅でうつぶせになり 仙骨に置いてテレビ見ながら腰温めたり
仰向けになって 鼠径部や恥骨の上 お腹の上に置くのも気持ちいい。
カッパ灸は もはや私にはなくてはならない 一番効率が良いお灸。

では 理想のカッパ皿はどんな形がいいのか?
それをずっと模索し 理想形を描いていたら
結局 喫茶店にあるシンプルな灰皿が基本形だと気づきました。

あとは 高さを+7ミリほど高く
そして 底面は 平らではなく 微妙に凹面 凸面がある 二つのタイプが必要であること。

素材は 安っぽい目が粗い赤土の素焼きで 厚さは7mm、これはほうろく皿と同じでいい。

さぁ では陶芸教室に行ってみましょう!

というわけで行ってまいりました。

伺ったのは 10年前までお世話になってた陶芸教室の先生が 別の場所で講師として教えているのを知って庭瀬まで。

先生 10年経ってもお変わりなく 私のことも覚えてくださってて
もうホント感激しました。

土に触れるのも久しぶり・・・

まずは苦手な 菊練りから・・・
私 空気含ませるの得意なんですが、、、 今回は先生の手ほどきが良くてなんとかクリアー。

こんなのが作りたいと先生に相談したところ 板づくりが良いだろうということで
3時間みっちり作ってきました!
DSCF5613DSCF5614私多分6個 先生2個。合計8個。
私が作ったのは雑なので すべて先生の細やかな修正が入っています。。。 ありがたや~

できあがった8個の皿を見て 他の生徒さん

「おいしそ~♪」

でしょう どら焼きみたい。

この陶芸工房へ 以前 鍼灸師の人が 私と同じ目的で訪れて 頭に載せる皿を製作していたようで、その方はドンブリくらいの大きさの皿だったそう・・・。

それを見ている生徒さんが私の皿を見て

「シンプルな形ですねー」 と言われました。

DSCF5616はい、いろんなところに置いて使えるようにするためにも この形が一番ベストです。

底がワイン瓶の底みたいに凹型の物は 頭の上へ おへそへ。

DSCF5615
底が出っ張っているタイプの凸皿は 仙骨部 首根っこ 鎖骨の下 みぞおちの下
鼠径部 もっと使い勝手が広がります・・・ 手脚のいたるところ。

片手でつかめるので 何処でも当てやすい。

『 あらゆるものはシンプルにすべきである。ただシンプルにし過ぎてはいけない 』
by アインシュタイン (最近アインづいてます)

このお皿 まずは今回試作品。

ゆくゆくは 一皿10万円で売って大儲けしようと思います ( うっそ ぴょ~ん )
なんでも鑑定団に出して 中島誠之助先生に鑑定もしてもらいたいな~ ( 嘘ぴょん )

サインは カッパGo Goで カッパ55

きっと100年後 100万円の値が付くでしょう(^^)/
この形 特許モンよ~ そんな面倒なことせんけど。

一ヶ月後 焼きあがるのが楽しみです。

この皿 予約してくださってる患者さん、多分千円以内で販売できると思います。
待っててね~(^o^)

それにしても10年ぶりの陶芸、 終わった後 放心状態の疲労感、、、
なんもできね~って感じです、、、

そしてその一か月後、陶芸教室で作ったカッパ皿が焼きあがっているので、 陶芸教室に行ってきました。

DSCF5661なかなかの出来栄え。

しかし8個作った内 一つは完全に亀裂が入っていて廃棄、
残り二つ(画面左の二つ)は 亀裂が入っていても使えそうなので、今度素焼きにしてもらうことに。

DSCF5662このカッパ皿 サイコーです!

もちろんMYカッパ皿にします!

そして今回はまず 陶芸教室の先生とオーナー そして生徒さんもお二人カッパ体験。

みなさん効果を感じてくださり、その場で MYカッパ皿を作りだす生徒さんも!?

いやー それくらいカッパ灸の効果は絶大。

というわけで3時間の利用時間内に 5人も カッパ体験という治療活動しながらも 私 せっせと作りました、、、

カッパ皿の宣伝はあまりしないようにしてるんですが、来週から治療で使い始めたらまた いるって言う患者さんが増えそうです(~_~)

作るのはホント大変手間がかかるので 陶芸教室の先生に一個700円で30~50個作って欲しいと リアルなお願いしたんですが 先生方も忙しく

結論として
今日までの予約(10皿)で打ち切り!
カッパ皿ばかり作るのは面白くないので
抹茶椀や 顔用のオリジナル陶器のお灸皿を 試行錯誤しながら作りたいのです。

なので 時間が余ったら 一個か二個作ることにします。

そしてすごい患者さんが現れています!

なんと 私が説明して この陶芸教室の初級教室に行き、MYカッパ皿を作った方がおられます

その焼きあがった作品見せてもらったのですが
すんごーーーいオリジナル感

DSCF5663
取っ手付き & 蓋つき。

もう 面白すぎます。

陶芸教室の先生方も この患者さんと一緒に あーだこーだとおしゃべりしながら 鍋のひしゃくのようなお皿作っていました。

陶芸って 10年ぶりに またやり始めて こんな面白いものなんだって再発見しました。

形は無限大です。

自分流のカッパ皿だけでなく、普段使いの日用雑貨 休日 じっくり作ってみるのは本当に楽しい時間です。

私はカッパ皿を大量に作らんとおえんと義務感が重く、気が重かったんですが
もう できることに線引きして、これからはもっと楽しんで陶芸教室に月に一度ペースで通おうと思っています。早速MYカッパ皿で カッパ灸してみたんですが 以前のほうろく皿でやってたのと違い とにかく熱いです!

回りに灰が落ちないように壁を作ってるために 熱が逃げない。

なので 皿自体 結構熱く 艾の量は 今までの半分の量で 同じだけ熱さが続きます。

では、陶芸教室の先生や生徒さんへの説明も兼ねて、NEWカッパ灸(中條流陶器灸)のやり方を説明します。

モデルが ガリガリの鶏ガラみたいなオバサンですみません、、、

DSCF5670DSCF5671ほうろく灸をヒントに私が作った陶器の皿

左が 底が緩く出っ張ったカーブを付けた 凸皿
右が ワイン瓶の底のように えぐれた凹皿と名付けました。

DSCF5672まず 隔物灸用もぐさを このくらい手に取ってますが
思ったよりかなり熱くなるので この2/3くらいで良いと思います・・・

DSCF5673にぎにぎ 握ってください。

DSCF5674皿の底に押し付けます。

DSCF5677火つけます。

DSCF5678
煙がすごいので

DSCF5682外で5分くらい煙を飛ばして 灰の状態にします。

その後も20分間 熱い&温かいが続きます。
その熱を使うのです。

DSCF5683ワイン瓶の底みたいな 凹皿はまず頭の周りに城壁を作るべく
ネックウォーマーを巻きます。

DSCF5684
その上に 日本手ぬぐいを4~8枚折りにして置き

DSCF5685凹皿を置きます。

最初は左前側に置くのがベストで だんだん つむじの方に持ってくのが私流。

DSCF5686
ほうろく皿を持っていると 落ちないか心配して首も肩も凝りますが
このやり方だと パソコン仕事もできます。

DSCF5688他にも 凹皿は 仰向けに寝て 右額の剃り込み入ってるエリアの生え際に置いたり
ヘソの上に。

DSCF5689
恥骨の上は かなり気持ちいい。

恥骨って結構冷えてるんだって これで自覚します。

DSCF5692最後は うつぶせになって 仙骨の上へ。

DSCF5693一方 凸皿は すごいです。

これが持ってて熱いので 手ぬぐいで上もかぶせてグルグル巻きの方が使い勝手が良いです。
まず 上天柱 要はうなじの上。ここは相当凝り固まって 頭痛の人も多いですが このお灸でないと 効果ないです。

DSCF5694もう 首筋なんて サイコーの気持ちよさ。

DSCF5695脚首の内側 三陰交もしっかりこの凸灸で網羅。

DSCF5696左の鼠径部は ゴリゴリしてる女性が多く、
そういう人に限って 子宮筋腫や生理痛 不妊 もっと言うと 肩が痛い 膝が痛い 耳鳴りが・・・ 低気圧が来るとめまいが、、、などなど あらゆること言ってます、、、
そんな方に この凸灸のじんわり しかも確実に緩むお灸はかなり効果的。

DSCF5698
最後に 巻き肩の人に 窪んでいる鎖骨の下へ この凸灸は ナイスフィッティング。

思いっきり緩みます。
肩こりも楽になります。
ここに普通のお灸を置くと 煙が顔に来て苦しいけど この陶器灸だと問題なし。

他にも横向きになって こめかみに置くと 目の周りの血行も良くなり 顔色のトーンは即座に明るくなります。

そして翌朝目覚めると あらまっ 首 顔回りの皮膚がとっても粘り気があって柔らかくなっています。

いいことずくめです。

もう ノーベル鶏ガラオバサン賞ものの発見です。

これからこのNEWカッパ皿使って どんどん治療していきます。