長生灸のソフト

DSCF4332DSCF4326我が鍼灸院で愛用している長生灸から 新発売で
ほんのりソフトが出たので 早速取り寄せてみました。

左から 赤(ハード:熱め) 銀(レギュラー:普通) 緑(ライト:弱め) そしてピンクが新発売のソフト(ほんのり)

DSCF4327横から見ると 台座の型紙の厚さが 緑のライトから 一気に分厚くなってて こんなんで効くんか?と思ったほど。

 

 

 

DSCF4330合谷付近の シミができてるところに置いたけど、
ほとんど 熱さを感じず、、、、全然物足りないけど
眉間の攅竹というツボにはほどよい熱さで 丁度いい。
顔のお灸には 私 向いてるなと思いました。

最近は 気温も暑くなってきていて なおかつ湿度も高くなってきてて
ふだんから 銀色のお灸を自宅でやってる患者さんが 緑のお灸に格下げしてる方が多いです。

中には 肌にぽつぽつ赤い湿疹を作って来てる患者さんに どうしたんですか?と尋ねると

「なんか虫に刺されたみたいで かゆいの」と言われたんだけど

どうも 普段から銀色のお灸をしているところが水膨れになって そのあと掻いたみたいで

私 「お灸を 銀色から 緑に格下げしてください。体調も良くなると お灸の熱さもすごく感じやすくなるんですよ。夏場は 緑でいいと思います」 と指導しているほど。。

DSCF4331お灸も 鍼と同様 場所にもよりますが、熱さを感じやすい人 感じにくい人、やけどしやすい人 しない人・・・さまざまです。

用途と 体質に応じて 適材適所のお灸を選んで 楽しんでせフルメンテナンスしてほしいと思います。

24時間受けたい

先週 午後のんびりと経理伝票を打っている折 予約の電話が入りました。

患者さん 「鍼治療をお願いしたいんですが」

私 「ラッキーですねー たまたま今なら空いてますが 」(普段は当日は まず無理なのよね、、、)

患者さん 「では是非お願いします」

(いろいろ質問せず すぐにお願いしますなんて こりゃ 初めてのうちの鍼 大丈夫か?と思い・・・)

私 「 うちの鍼 マニアックで通好みなんですが いいんです? ホントに?」 と 逆に私の方から質問をする。

(ポンポンと 一、二本打って ハイ 千円なんていう鍼灸整骨院の鍼をイメージされると すごく困るのよね、、、 手加減はするけど しっかり効かせる鍼なので・・・)

患者さん 「 はい 全然かまいません! 」

というわけで 来られた患者さんは県北から 知人の知人に うちの噂を聞いてやってきたという40代の男性。

しかも鍼慣れしてるみたいで、響きが好きらしく

「 先生 一本も外しませんねー 」

(いや それが仕事だし・・・)

「 この響きがたまらん・・・ 24時間この鍼受けときたいわ・・・・」

(いやいや それは 私の身体が疲れる、、、、)

さすがにこんなに響き好きな人は初めてで 一瞬 うっそ~(~o~)って思いましたが

とにかく 鍼の感受性は 人それぞれですね・・・。

痛くない鍼をしようと思えばいくらでもできるけど
そんなことやってたら 治療にならないから
適材適所で 治療時間内に一番いいと思われる刺激量で治療をまとめることを考えてるんだけど・・・。

というわけで この患者さんにうちの鍼灸院を紹介した方が誰なのか 最後の最後に話をしていて解ったんですが、

なんと 私の鍼を ちょーーーーー痛てーーーーーーーー、、、と 毎回呻いた方でした!!

ますます よ~解らんけど 面白い出来事でした。。。

3年

もうすぐここに鍼灸院を開いて3年になります。濃厚な3年間でした。

8753c56610年前に 自分自身の踵の痛み(ランニング障害)をなんとかするため 鍼灸治療と出会い、その治療内容と効果に とても″面白味″を感じました。

(←2007年 とある鍼灸院で 私の右足を治療中)

手術しても良くならなかった左踵の痛み・・・ これ もしかして鍼灸治療に早くから出会ってたら 踵にメス入れずに済んだかも・・・そんな風に マジで思った。

でも 鍼をどこ狙って入れてるのか?鍼を入れられた時に ズーンとくる響きは何なのか? 治療中 先生に質問しても納得のいく答えは帰って来ず・・・

だからこそ ″面白味″を追究しようと 鍼灸師になる道を選んだ。

もっと知りたいと思った。

鍼灸学校の授業内容は 国家試験用の内容で、鍼の響きを質問するどころか 超低レベルで、解剖学の授業中に講師に一般的な質問しても答えは 「来週の時間までに調べときます・・・」なんて有様・・・

東洋医学の先生は 経験だけに頼った内容で、鍼を刺した場所は科学的にこんな現象が起きてるから 鍼灸治療して良くなるんだとはっきりと説明できる先生は皆無、

正直めちゃくちゃ落胆した。

とっとと授業カリキュラムをこなして、自分が知りたい勉強をしたいと思った。

卒業してから1年間は 3年間の仕事と学校の無理な両立生活がたたり 喘息症状が悪化、体調を崩したのもあるけど やっと念願の自分の知りたいと思っていることを勉強しまくっていた。

そこで出会ったのが 長野式鍼灸治療の本で これはすごく本質を突いた内容だった。

痛いところとは全然違う箇所をセット鍼で治療することにより 離れた患部に作用し 実際雇われ鍼灸師で整骨院で働いていた時、たった10分の治療でも 患者さんの改善した変化に手ごたえを感じた。

もうこうなったら その仕組みが科学的に知りたいと思った。疑問は違うベクトルで増幅していた。

そして開業して患者さんに時間をかけてじっくり治療していくうちに その治療ポイントがすべて バランスを整えることを狙っているんだってことが解ってき出した。

気のバランス、水分バランス、血流バランス、内臓配置の前後バランス 左右バランスを整えるのを狙ってるんだ! 上下 左右 前後バランス・・・スパイラルもあるぞ!! 面白かった・・・ そうなると 定番の長野式の治療ポイントだけでなく 経絡や筋膜走行の流れを読んで 自分流の いや、その患者さんの身体に合ったオリジナルの治療ポイントが自ずと解ってきだした。

なおかつ 患者さんを細かく診れば診るほど

結局 病気って いろいろ名前が付いてるけど 悪くなっていく過程は すべてバランスが崩れていくから病気になるのであって 疾患名は 単に局所的に起こってることに名前つけてるに過ぎない

そんなもんに踊らされて その場所だけに作用する薬飲んだり 痛いところに徒手療法行っても無意味 ・・・ いや違う 単に臭いものに蓋してるだけで 逆に 病巣を増幅させてきていることに気づきだした・・・

膝が痛いからと安易にメスを入れて 結合組織を切り裂くことが 後々どれだけその患者さんの体全体に悪影響を与えるのか解ってない医療が蔓延している・・・ 患者さんも それが医療であり治療だと思い込んでる・・・ それで治るんだと信じ込んでる・・・ それが今の医療の実態・・・

痛みの仕組みが解れば解るほど現在の医療は 大間違いで、目先の対処しかしていない・・・
本当の治療は痛みを訴えている場所じゃなく 痛くなった原因の箇所にアプローチして 全体のバランスを整えることに重きを置くべきなのに・・・

そして同じ患者さんを繰り返し治療すればするほど 結局最後は 胃の機能を調整することになると気づいた・・・(詳しく言うと 胃と膵臓)

結局 最後はここなんだ・・・

胃は 食べ物を消化する場所・・・ でもその消化する食べ物が 身体の中で自然に起こるはずの生体反応とは違う 身体の機能を損なう反応を起こすもんだったら・・・

食にも目線が切り込んで行った・・・

そして世に蔓延している 食事情は 害のあるものがほとんどで 本来 体を元気にする食は 探すのがちょー大変なこともわかってきだした。

解れば解るほど いっぱいこの世の中に失望した3年間だった。

でも これを解らず の~天気に死んでいくより 解って良かったと思う。本当に良いものが解ったから。

今 私の頭の中は すごくクリアーです。

足の小指の爪の根元に お灸をしたら逆子が治るのは 鍼灸師ならだれでも知ってる 古典的な治療法。
でもそれはどうして良くなるのか? 理論立てて言える人はいなかった。

でも今では その作用機序どころか 足の小指の爪が小さい人とか、指が浮いてる人が、どういう不定愁訴が出ているのか解るようになった。

鍼の響きは何なのか鍼灸の専門書でさえ ズーンとくる響きの正体は解らないと特集記事で出てるけど、
私の言葉で はっきり言える。

痛みの原因はもとより どうして痛みは出るのか? この先 どう生活していくとまた痛みが出るのか、時間軸を 過去 現在 未来と想像して 総合的に患者さんを良くすることを考えたら、患者さん自身の食生活の改善と、生活する上での靴や衣類、環境も改善しなくてはだめなんだ。その目線を持つことが大事なんだ。

それが徐々に解ってき出したら

逆に 私を心底から臨床へと突き動かしていた原動力 ″面白味″が薄くなってきた・・・・。

仕事が忙しくなればなるほど義務感と孤独感が強くなっていった・・・。

この感情が 開業して3年もたたない間に来るとは思わなかった。

10年前に辿り着きたいと思っていた 私の決めたゴールに 思ってたより早く辿り着いてしまった・・・

「なかなか自分の決めたゴールに辿り着ける人はいないよ・・・」と友人は言った。

もう 全ての仕組みが解ってしまったから こんなしんどい仕事 辞めてしまいたいと思った・・

心底 そう思った。

でも 今の私の知識と技術があるのは、私を信じて治療に来てくれてる患者さんあってのものなんだよね・・・

同じ患者さんが 繰り返し来てくれたからこそ 解った事実が本当にたくさんある。

だから 自分一人でここまで来たんじゃないってことを絶対に忘れちゃいけない。

そして単なる自己満足でこのまま終わってはいけない。

私が得た知識と技術を 不格好でもいいから形に残す作業を始めようと思う。
(ここに書いて 自分のケツ叩いてます)

DSCF4141読み込んだこれらの書籍と
患者さんのカルテが私の師匠。

人に物事を伝えるのは本当に難しいし 大変なことなんだけど
もう重い腰をあげんとおえん、、、

すべてが解ったと思ってるけど、
患者さんを一人一人じっくり診ていくと 毎日 また新たな発見や面白味が湧いてくるし、
DSCF4122人に伝えようと文章を書いていくうちに また新たな疑問もきっと湧いて出てくるだろう・・・

死ぬまで山登りは続きそう・・・(半分泣いてる)

さて、、、もう一踏ん張りします・・・

折れ曲がった白鳥

月に2回ペースで半年間 この鍼灸院に通われている患者さん(40代後半の女性)が  先日入ってくるなり かなり嬉しそうに

「見てください コレっ(>_<) 乏血型が 平坦型になってたんですよーーーーー(^o^)/」

某薬局の無料血圧測定の結果書を 2か月前のと現在のと 2枚 結果書を見せてくださいました。
P1020868

 

 

←去年12月の血圧測定

P1020869

 

 

←今月の血圧測定

 

 

 

P1020870

 

 

←説明書き
うんうん そうじゃろ そうじゃろと 思いました。

と言うのも この患者さん 去年8月の初診時は

脈が 細 沈 遅。 この患者さんの年齢は40代後半の女性・・・ 更年期ご婦人が日ごろのストレス生活で疲労困憊して 血液が身体の隅々まで行き届いていない状態で それが慢性化しているのを物語っている脈でした。

ただ、脈状と腹診が順(こねくってなくて素直なバターン)だったので 鍼治療は良く効くだろうとの予後の予測しました。(思った通り 治療の反応はピュア!)

主訴は 「不意な腕の動きは全部痛いんです・・・」と言われる通り

両腕を肩の高さまで水平に上げるのも 首をすくめて恐る恐る・・・ そこから手のひら返して 頭の上で両手をつけてと言っても もうそこまでで限界、、、
さらに右手が左胸につかないという、、、ひどい有様でした。

2年位前からだんだん 腕が上がらなくなり 肩関節周辺は動かそうとするとゴリゴリ音がするとのこと。

顔が面長で手足が長く 綺麗な顔立ちなのに 白鳥の湖は絶対に踊れないこの状態、、、動きがカクカク、、、まるで折れ曲がった白鳥みたい・・・

こりゃ ひどいっ・・・ 脈診だけで 血虚と決めて、まずは血が体の隅々まで循環しとらんし 血の量そのものも少ないぞ・・・と思い、肩や腕を触っても そんなにゴリゴリしたものは無い・・・

やっぱり・・・ 筋肉うんぬんより先にやることがてんこもり・・・と思い 更に問診してみると

貧血とのこと(じゃろう じゃろう・・・)

なのに 更に問診していくと

趣味が献血とかいうじゃありませんか!?

「もう じょーだんは よし子さんよーーーー\(~o~)/」と言いながら

第一回目の治療が始まりました。

瘀血反応があったので瘀血処置をして 下垂処置とストレス性による骨盤の虚血状態を良くする処置をして、脾実を抑える治療をして一回目の治療終了(要は猫背気味のアライメントを整え~の、血液配分のアンバランスを整え~のの治療です)。この一回目の治療で腕が頭の上まで上がり 二人で歓喜の雄たけびをあげました。肩関節には全く鍼をせず 足首・膝関節とひじ関節 そして鎖骨に鍼をしただけでかなり快適に腕が上がるようになり 次回の治療予約をされて帰られました。

自宅での毎日の施灸ポイントとして 足首と腕のツボに印をつけ、ここにお灸を最低でも3カ月つづけてもらって 血液量を増やしてもらうよう指示しました。

2診目(11日目) 同様の治療と 首C3~C7に鍼を入れる。側弯もチエックポイントに入る。

3診目(17日目) 瘀血反応がなくなり 8割くらい初診時より快適だという。筋緊張緩和処置と扁桃と副腎と下垂処置をする。

4診目(36日目)の治療で 腰が入るようになった(今までは腕を上げようとすると腰がひける体勢だったのが ちゃんと腹が前に反るようになった 要は腰が入る状態)

5診目(58日目) これから始まる冬に備えて冷え防止と 血流量アップをさらに図るため 手首足首ウォーマーを勧めるが その後2か月間 忘れていた模様・・・が それを自発的にするようになって かなり調子が良くなり 朝からスムーズに腕が上がるし 痛みもないと喜んで報告してくださいました。「もっと早く 先生の言うこと聞いとけばよかったです~(~_~)」と。

それから今日まで 二週間に一度の鍼灸治療で 脈は太くなり 肩関節を動かすとゴリゴリ言ってたのも かなりスムーズになっていますが・・・ まだ良くなる要素盛りだくさんです。

とにかく 患者さんから信頼を得て、継続して治療に来てもらえないと 最初の底上げは簡単ですが そこから先の慢性化した陰湿な体質はなかなか良くなりません。

でもこの患者さんのように 良くなっていくことに喜びを感じてもらえて、治療に来て真っ先に喜びを伝えてくれるのは がんばったご褒美のように嬉しい報告でした。。。

この仕事は 名声を得たいとか 金儲けとかじゃない、日常生活を頑張っている人の困っていることを 私のアドバイスと治療で 良くしていくことです。だけど 慢性化した疾患や体質には 患者さん自身の日ごろの生活習慣改善と意識改革が絶対に必要です。それなくして完治はあり得ません。その意識改革と生活改善を 楽しんで率先してやっていける患者さんは きっと近い将来 本当に笑って 自身が本来持っていた健康を取り戻せます。

この患者さん いつか私と 白鳥の湖 じゃなくてもいいから キャンディーズの振り付け 一緒に踊りたいなと思っています。。。

私と同年代なんですよ(^v^)

ペッパ~~~警部ぅ!じゃなくて  アンドトロ~ワ♪

肋骨を強打した患者さんのテーピング

皆さん こけたり 何かにぶつけたりして 肋骨を強打したことはありませんか?

私はあります。多分ヒビが行ってたと思うのですが、肋骨にヒビが行ってても 病院では保存療法で 湿布を出されるくらいしかないのが関の山です。

ホントはしばらく固定しておきたいんだけど 場所が肋骨だけに コルセットをつけるわけにもいかず・・・ とりあえず痛みが気にならなくなるまで3週間はかかります。

でも 負傷してしばらくは寝返り打っても 笑っても かなり痛いんですよ これが、、、 生活にかなり支障が出ます。

そんな患者さんに こんなテーピングP1020856を思い付きでやってみました。

10日前に この右脇腹の バッテンの箇所を 自宅のソファで激しく打った患者さん。

ベッドでの寝返りもかなりしんどそうでしたが・・・

 

 

 

P1020857

このバッテンの半径5センチ四方をホワイトテープで重ね貼りしていきます・・・まずは1ラウンド・・・

肋骨が 斜め右下方に走行しているので それを水平軸として バッテン状にホワイト固定テープを貼りますP1020858

次 2ラウンド目・・

今度は半分ずらして同じように・・・

 

 

P1020859P1020860

 

で 4ラウンドずらしながら重ね貼りして・・・・

このままだと すぐにお風呂に入ると剥がれてしまうので・・・

 

最後にキネシオテープで全部覆って完了!

患者さんの感想ですが、このテーピングがあるのと無いのとでは全然痛みが違うそうです。

一度剥がれてしまって、その後の激痛はかなりひどかったみたいで、「あぁ テーピングが利いてたんだな」と実感したそうです。

次回は負傷して17日目になるので このホワイトテーピングの部分を伸縮のあるキネシオでやってみるつもりです。

思い付きでちゃちゃっと治療の最後に5分くらいでやったテーピングでしたが かなり良かったみたいなので 肋骨負傷した方々、参考にしてみてください。

ラスト関節さんの臨床経過まとめ

大事なことは 記録し 伝えていくことだとダンナに言われて 改めて自分もそう思いました。

HPにも こういった臨床経過をまとめたものを掲載していこうと思います。
——————

41歳 男性 会社員

初診日 H26年7月

主訴 両手の指が2カ月前から曲がらない。

脈:右 浮・数   左 沈・細
ドン舌(脾腎陽虚)

手足冷えあり。子供のころから汗かき。治療中 汗がお臍に溜まる、、、

触診で 身体が冷たく なおかつ しっとり汗でウエッティ。腰から何からすべて硬かった。

血流を良くする治療と自律神経を整える治療をし その後 首周りに鍼をして 治療終了。この初めての治療で 半分の指が曲がるようになる。自宅でお灸をしてもらうように指導。

6日後の治療2回目 同様の治療プラス 指の局所治療をしたところ 更に3本動くようになる。

H26年8月 初診から30日後の治療3回目 枕をやわらかいものから低反発にかえてもらい、帯脈に鍼を加える。

腕の局所治療をしたところ 逆に動きが固くなる。

H26年9月初診から40日目の 治療4回目、H26年10月初診から治療90日目の治療5回目あたりで 動かない指は 残り2本になる。

H27年1月は 合計5回治療したが その間に 右鎖骨を骨折し 火に油を注ぐ、、、
治療は扁桃処置 肝実処置 水毒処置主体。局所の治療は逆効果であることが解ってきたので ひたすら体質を変える治療。自宅でのお灸は 積極的にやってくれていて 効果も実感してもらっている。 ただ 一番最初に動かなくなった右中指の動きが かなりしつこく残っていた。

日常生活では 仕事も寝るときも 手首 足首ウォーマーをつけて 血流促進をはかってもらい 体質も 朝方の下痢がなくなり、変な汗も少なくなって行った。

その後は2カ月に一度ペースで来院していたが 体質改善が図られていたので 患部の戻りは無い状態。

今月末18回目の治療で いよいよ腰が痛いと来院。

よっしゃーーーー です!!

最後はここに来ると思っていました。

本当にびっくりするくらい頑固な硬さの体質でしたが、私の言うことを理解してくれて ちゃんとお灸をしてくれたことが このような良い結果に表れました。

私の治療だけではこんないい結果は絶対に出ません。

治療は医者任せ 治療者任せではありません。

私は 患者さんに 治すための気づきを伝え ここがおかしいと指摘し、治療もしますが その効果を継続させるのは 日々の患者さんのケアと努力です。 私は治す後押しはしますが 治すのは患者さん本人なんです。

どうしてこんな体調になったのか どうしてこんなところが痛くなったのか 私は患者さんの生活習慣の良くないところを指摘し 患者さん本人に 回顧してもらいます。
そして自分で納得して 生活習慣を改善し、努力した人が 本当に健康に 本来の自分の体調を取り戻してもらえるのだと思います。

痛みをごまかす薬を飲んだところで 何の解決にもなっていません。
逆に 病巣や 悪い体質は 深部で膨れ上がっています。

ごまかすだけの医療じゃなくて 本当の医療は 自分の痛みと きちんと向き合い 時に痛みや わずらわしさもありますが そういった壁を乗り越えて 良くなっていくのが本当の治療・医療なのではないでしょうか。

苦労して 手間暇かけて 鍼の痛さ お灸の熱さを感じて良くなった体調は すぐに元には戻りません。

その過程は 絶対に自己管理の自信へとつながります。

本当に嬉しい臨床内容でした。

ラスト関節さん ありがとうございます。。。