瘀血(おけつ)について②

瘀血を流す治療を具体的に説明しようと思っていましたが、それは次に回して

まず瘀血反応ってどういうこと?という疑問が浮かぶ方もおられると思います。

実際臨床で所見を取っている最中

私「瘀血があるな・・・」とつぶやくと

患者さん「えっ? 瘀血?」と言われ

私が瘀血とは これこれこーで こういう滞った血なんですよと説明すると

患者さん「私にはあるんですか?」と 返されます。

そこで 私が患者さんに説明することをこれから記します。

まず 私は患者さんの顔色を診ます・・・。

  • 顔色が赤黒い ないし 黒っぽくて透明感がない
  • 目の下にクマがある
  • 舌の裏側に 青紫色のナメクジみたいな静脈が プリッと浮き出ている

このパターンは かなり瘀血反応陽性と頭にインプットします。

それから皮膚を見て

  • 肌の表面に 細い赤紫色の糸ミミズのような血管が 網の目のように広がっている人
  • 打った覚えもないのに 内出血がある  またはよく内出血を作りやすい
  • 夏の虫刺されの跡が 冬になっても残ってる

なども ポイント高いです。

他にも

  • 最近または年単位で顔色がくすんできた
  • 閉経間際ないし 閉経した
  • 生理周期が不規則
  • アレルギー体質(アトピーやじんましんなど)
  • 動悸がある

なども 瘀血ポイント加算です。

まだまだ診断基準あります・・・

  • 最近大きなケガをした
  • いくら寝ても疲労が抜けなくなった
  • 膝 腰 肩が痛いんだけど 場所をピンポイントで特定できない(内側だったり外側だったり)

そして腹部触診で一定のポイントを押さえてみて 最終的に瘀血があるかどうか確定します。

次回 いよいよホントに 瘀血を流す治療について説明します。。。

瘀血(おけつ)について①

“瘀血″・・・”おけつ”と読みます。

瘀血の ”瘀”の字の意味を調べると 「血が滞留すること」とあります。

身体に溜まった古い血、身体のとある部分(大体溜まりやすい場所は解剖学的にも決まっています)に停滞し 循環が滞った血のイメージです。

血液は約3カ月間で すべて新しいものに生まれ変わります。

瘀血は言わば 3カ月経っても リサイクルされていない血で、その瘀血が原因で実に様々な慢性疼痛や、内臓機能に影響が出てきます。

私が瘀血を流す治療をまず下ごしらえ治療としてやるようになったのは2年前からです。それまでは瘀血なんてほとんど気にせず 筋肉の起始停止に鍼をして緩めることを主軸に治療していました。

鍼灸学校では瘀血という言葉は習いましたが、瘀血を改善する治療について詳しく特化した授業は受けていませんでした。しかし臨床現場でいろんな疑問にぶち当たり、「長野式臨床の本」に出会って、この本を熟読するうちに 瘀血がどれだけ悪影響を及ぼすか解り、まず「瘀血があるかどうか」の目線で患者さんを診察するようになりました。

すると実際 慢性疼痛を訴えている患者さんの多くに 瘀血反応があることがわかってきました。

さて そうなると次は 瘀血を流す治療についてです!

血管に穴を開けて 古い血を出すなんて怖いことするわけじゃありませんよ

次回投稿 「瘀血について②」につづきます。。。

お灸の効果

「お灸はいいよ」と 良く言いますが、じゃぁ 一体どういう風にいいの?

お灸を継続すると 身体はどういった変化が起きるの?

この質問にスッと答えられるのは 鍼灸師でもなかなかいないのではないでしょうか・・・。

私自身 学校で習った教科書を引っ張り出し お灸の効能を書いているページを探しても 簡潔に書いてあるページ ないんですよ これが、、、結構いい加減だと思いませんか? 教科書にわかりやすく書いてないんですよ、、、ということはアバウトなんです 一般的なお灸のイメージは。

で 私の愛読書でありバイブル『鍼灸臨床わが三十年の軌跡』長野潔著によると

①各種白血球の増加とその持続

②白血球の平均遊走速度の増進

③血清中のオプソニン効果の増加と持続

④黄色ブドウ球菌に対する白血球の食菌力の増加

⑤副腎皮質刺激ホルモンの活性化

⑥血液のコルチゾン(副腎皮質ホルモンの一種)水準の高化

とあります。

・・・ 私は理解できるのですが 患者さんにとっては 一気に説明が細かくなりすぎて よ~わかりません、、、

で 私自身が毎日お灸をして、実際臨床で患者さんにお灸をして、なおかつ長期的に(数か月)毎日自宅で施灸してくださってる患者さんを見て 私なりのお灸の効果を列挙すると

① 免疫力が上がる

② 基礎体温が上がる

③ グリグリ(トリガーポイント)が小さくなる

④ 瘀血(”おけつ””と言います。体の中で滞ってる 古い血のことです)が流れやすくなる

以上 4点がデカい効能だと思います。

それぞれ効果を狙ってお灸するポイントは違うし 人によっても違います。治療してみて患者さんに その患者さんオリジナルの 一番効果的なポイントを毎日お灸してもらうようアドバイスします。

そして患者さんに毎日自宅でお灸をしてもらうことで 経済的・時間的負担を軽くし、なおかつ治療効果を維持ないし高めるのが 私が一番狙っていることです。

次回は いよいよ瘀血(おけつ)について触れていこうと思います。

筒灸

広範囲に温めたいときは この竹筒で作った 筒灸(私が勝手に命名)を使います。

caaed9e3仙骨部分 腰のど真ん中 背中のど真ん中などに置いて温めます。

作り方も 百均で そばちょこを買ってきて 底をカット、径の合う茶こしを用意して その中に 荒もぐさを入れていました。

 

 

 

6626d29d

b881833bただそれが すごい煙です、、、 なので最近は 煙が出ない炭化もぐさをこの茶こしの中に入れて使っています。

 

 

 

0e3af04aこのお灸を体感して良さを感じた 患者さんのおじいちゃんが ご自分用と 私用に ニュー筒灸を作ってくださいました。。。嬉しかったです。 今はこのおじいちゃんが作ってくれた筒灸を治療中バンバン使っています。

台座灸

P1020111私が多用しているお灸です。

利点はもぐさひねるお灸に比べて 扱いやすいこと。裏面がシールなので 逆さにしても落ちません。

真ん中の穴から熱気を感じます。

赤 銀 緑色は 熱さの加減で 三段階あります。

お灸の熱さは 個人差がかなりあるし 台座灸を置く場所によっても熱さの感じ方がかなり違います。

真ん中の筒の部分には 前回投稿したもぐさが詰まってます。この台座灸を 自宅で患者さんにもやってもらいます。 本当はもぐさひねるお灸の方が効果がよいので 勧めるのですが 扱いにくいので 台座灸をやる患者さんが圧倒的に多いです。

でもとにかくお灸は 火に久しいと書くように 毎日こつこつ続けてもらうことが一番大事なので 効果は半減だけど 台座灸でもやってもらうと 一か月後 二か月後 かなり体調の変化を感じます。

もぐさひねるお灸

P1020110この左の線香ともぐさが おばあちゃんにすえられていたイメージの いわゆる ”やいと”です。

直にこのもぐさを肌に置いて火をつけるので どんなに小さくひねって置いても 結構どころか かなり熱いです、、、

でも だからこそ よく効きます 効果は絶大です。

ところでもぐさって何からできてるでしょう?

道端に生えているよもぎがありますよね。あの葉っぱの裏側に 白いケバケバした細かい毛がありますが あれが正体です。 ヨモギを乾燥させて あのケバケバだけ集めたのが このもぐさです。

触り心地はなんともホゲホゲで 気持ちいいです。。。

このもぐさを固くひねって置けば かなり熱いお灸になり ホゲホゲに かるーく やわらかーに 空気をたくさん含ませるようなイメージで据えると かなりホワッとした 柔らかい温かさになりますが

これが実に難しい、、、

私 そんなにヘタクソではありませんが 決して得意ではありません、、、

では次回は そんなヘタクソさんでもできる 台座灸(せんねん灸みたいなやつ)についてお話しします。。。